カラタネオガタマ

樹木図鑑
カラタネオガタマ
神社によく植えられている
区分 常緑低木 科/属 モクレン科オガタマノキ属
用途 公園、神社 樹高 3~5m
花期/花色 5月 淡黄色 実期/実色  
名前の由来 カラタネ(唐種)は中国原産だから。オガタマは招霊(おきたま)からです。
特徴 よく神社や庭園に植えられている樹木で、バナナのような甘い香りのする花が咲きます。オガタマノキよりは樹高は低くくなります。

クリックすると拡大します

カラタネオガタマ カラタネオガタマ
全景
カラタネオガタマ  
 
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ