シャクナゲ

樹木図鑑
シャクナゲ
纏まって咲く
区分 常緑低木 小高木 科/属 ツツジ科ツツジ属
用途 庭木、公園 樹高 1~7m
花期/花色 4~6月 紅紫色 赤 白 黄 実期/実色  
名前の由来 オオカナメモチの漢名「石楠花」を誤って音読みしたことによります。
特徴 葉は枝先に集まって輪生状につき、その先に花が纏まり、横を向いて咲いています。湿気のある半陽地で排水のよい肥沃地を好み、剪定は嫌います。西洋シャクナゲは、アジア産のシャクナゲが西洋で品種改良されたもので、品種が豊富で、様々な花色を楽しめます。

クリックすると拡大します

シャクナゲ シャクナゲ
全景 花と葉
シャクナゲ シャクナゲ
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ