ヒトツバタゴ

樹木図鑑
ヒトツバタゴ
別名 ナンジャモンジャ
区分 落葉高木 科/属 モクセイ科ヒトツバタゴ属
用途 公園、庭園、街路樹 樹高 5~15m
花期/花色 5月 白 実期/実色
名前の由来 タゴはトネリコの意味で、トネリコの複葉対して単葉なので「ヒトツ」とつきました
特徴 満開時には、雪が積もったように咲く白花が見事な樹木で、本州と長崎県対馬に数ヶ所の自生地があるだけの珍しい樹木です。別名の「ナンジャモンジャ」は珍しい樹木なので、この変わった名がつきました。

クリックすると拡大します

ヒトツバタゴ
全景
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ