タマシダ

樹木図鑑
タマシダ
樹木の根締めに
区分 地被類 科/属 シノブ科タマシダ属
用途 公園 樹高 0.1~0.2m
花期/花色 実期/実色  
名前の由来 地下茎から出る根の先に、玉状の貯水球ができることから
特徴 シダ植物でありながら寒さに弱いため、太平洋岸の静岡から九州に自生しています。葉裏には2列の胞子嚢群がつき、地下にランナーを伸ばし、子株を作り繁殖します。針金状の固い根は、褐色の玉を付け水分を貯蔵しています。

クリックすると拡大します

タマシダ
全景
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ