ホオノキ

樹木図鑑
ホオノキ
大きな葉で食物を包む
区分 落葉高木 科/属 モクレン科モクレン属
用途 公園 樹高 5~10m
花期/花色 5~6月 白 実期/実色 9~11月 赤
名前の由来 ホオは包の意味です。大きな葉で食物を包んだことから、この名が付きました。
特徴 葉と花が落葉樹の中では最も大きな樹木で、白い芳香のある花は迫力すら感じられます。成長は早く、耐寒性があり、葉は古くから食物を盛るために使われていました。乾燥させたホオノキの葉で味噌を焼いた朴葉味噌は、飛騨高山の強度料理です。

クリックすると拡大します

ホオノキ ホオノキ
ホオノキ
全景
ホオノキ ホオノキ
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ