モミジバスズカケノキ

樹木図鑑
モミジバスズカケノキ
代表的な街路樹木
区分 落葉高木 科/属 スズカケノキ科スズカケノキ属
用途 公園、街路 樹高 35m
花期/花色 4~5月 実期/実色 10~11月 茶 集合果
名前の由来 球状花が連なって垂れ下がる姿を、山伏の首にかける装飾に見立てたことから。モミジバは葉がモミジのように切れ込んでいるので。
特徴

スズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種で、日本では最も多く植栽されています。明治時代にイギリスから渡来し、幹の樹皮が剥がれ、黄白色と緑の斑になるのが特徴です。集合果は2個まれに3個つくのが他のスズカケノキとの違いです。

クリックすると拡大します

モミジバスズカケノキ モミジバスズカケノキ
モミジバスズカケノキ
全景
モミジバスズカケノキ モミジバスズカケノキ
集合果 新宿御苑の並木
前へ 一覧へ 次へ

樹木メニュー

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ